◆蒸気船マーク・トウェイン号を操縦するコツ◆
「広告」

実は乗船する際、船長かキャストの方に「操縦したい」とお願いすると、あの巨大な船を操縦することが出来ます。笑顔でこっそり頼むのがコツです。ただし余りにも大人数だったり、風が強い日などは断られる場合もありますので、その時は仕方ないので諦めてください。

まず「乗船までここで待っていて下さい」と乗り場付近で待たされます。そして最後に乗船すると、すぐに操舵室に案内されるのではなく、再び「しばらくこちらでお待ちください」と1階デッキで待たされます。

すると「それでは操舵室にご案内いたします!」とキャストさんが登場します。あくまで、他のゲストさんに目立たないように特別に船長室まで案内されます。ここへは船長室を通っていきますが他のゲストさんは絶対に入れません。操舵室には大きな舵の他にはこれといった物もなく、スペースも狭くて入れるのは5〜6人が限度です。(だから団体さんは断られるのです)

ここで船長さんと世間話をするのも粋な楽しみの一つです。苦労話なども教えてくれます。ここで汽笛も鳴らすことも出来ます。しかし、ビービーしつこく鳴らし過ぎると注意されますからご注意下さい。最後にあなたのお名前と乗った日付が入った「操縦者認定証」をプレゼントしてもらえます。よかったですね。

ちなみに、この船は1850年代のミシシッピー川で実際に活躍した船を精巧に復元・縮小した外輪船で、外輪の直径は約4mで速度は2ノット出ます。「外輪」とは船の両舷側または船尾に取付けられた水車状の車のことで、これで蒸気機関などを動力として回転させて水をかいて推進する船を「外輪船」と呼びます。どうでもいいですが。

SSコロンビア号(SSはSteam-engine Ship、つまりこれも蒸気機関で動く船)で操舵室や秘密の部屋に案内してもらえるかどうかは未確認なのでコロンビア号のキャストさんに聞いたり、この技を試されてみて、トウェイン号の船長さんに聞いてみてください。(あれは動きませし、操舵室自体あるのか不明ですが・・・)。コロンビア号について何か新しい情報をご報告して頂けたら次回の情報を割引サービスします。

「広告」



ユニバーサルスタジオジャパン公式サイト
WEBチケットストア

事前購入!限定チケット!並ばず入場!

HOME